• れな

セックスとは本来、健康管理の手段だった。

セックスは現代社会において、「アンモラルな快楽」といった見られ方をしています。誰もが楽しみたい反面、後ろめたいもので、セックスをすると罪悪感を感じてしまう人も少なくないでしょう。

しかしそれは、誤った観念なのです。

セックスとは本来、健康管理の手段でした。



セックスは本来、ラジオ体操のようなものだった。

ギリシャ神話として語られるような時代までは、セックスはアンモラルなものではありませんでした。セックスに罪悪感を抱く人など誰もおらず、他人のセックスを非難するような人もいませんでした。

セックスは、人が健全に生きていくうえで必要不可欠なものでした。

それは健康管理の一種なのです。ホルモンをしっかりと分泌させて、健康維持や美容維持に用いていました。

セックスとは本来、ラジオ体操のようなものだったのです。健康的なスポーツです。毎日でもすべき、身近なスポーツです。



第2チャクラ、オレンジのオーラを活性化させる。

セックスが健康に良いことは、近年は科学も証明するようになりました。

スピリチュアルな観点から言えば、チャクラ学やオーラ学がこれを古くから言及しています。


第2チャクラには、「セックス」というテーマがあります。

セックスをすることで、第2チャクラは活性化されるのです。ヨガを学んだ人なら、チャクラの概念や第2チャクラのキーワードについても耳にしたことがあるでしょう。


第2チャクラが活性化すると、オレンジ色のオーラが増えます。

オーラソーマなど学んだ人は、オレンジのオーラがセックスに関連していると学んだことでしょう。


私たちは、すべてのチャクラを活性化することでアセンションに達し、健康を維持できます。そのためには第2チャクラも必須です。



セックスではなくオナニーでもよい。

第2チャクラを活性化する、オレンジのオーラを強化する、という観点から言えば、セックスではなくオナニーでもかまいません。

セックスのパートナーが得られない場合は、オナニーをすればよいのです。

人生はそう簡単に快適なセックスのパートナーが得られるわけではないので、オナニーによって性欲を解消し、第2チャクラやオレンジオーラをメンテナンスすることは、誰にも必須です。

オナニーを虚しいものだと考えないでください。それはとても大切なものです。


また、オナニーの習慣は、セックスをスムーズに行えるようになるためにもとても大切な行為です。まだセックスを経験したことがない、という人も、オナニーを習慣化しておいたほうが良いです。

「オナニーをすることで感度が高まる」と聞いたことはありませんか?愛撫や交わりが気持ちよく感じられるようになりますし、膣が濡れやすくなります。ペニスをスムーズに挿入しやすくなるのです。膣の濡れやすい人は、ペニスの挿入で痛いと感じることはあまりありません。



セックスやオナニーは、毎日してもかまわない。

毎日のように性欲が高ぶる自分を、気まずく思っている人は多いのではないでしょうか?毎日オナニーすることを、誰にも言えずにいるのではないでしょうか?

しかし、安心してください。性欲が毎日湧くことは、至って自然です。

セックスは毎日は行ってもよいのです。むしろ、毎日性欲を解消したほうがよいです。

とはいえセックスの場合、相手の時間や体力を消耗するものなので、注意が必要です。セックスが交わせない場合は、パートナーがいるとしてもオナニーをすればよいのです。

セックスとオナニーを、臨機応変に楽しめるようになってください。



オナニーを毎日することは異常ではないです。

オナニーを毎日のようにしたくなる人は、自分が変態なのではないか、淫乱すぎるのではないかと不安に思っているでしょうか。

しかし、オナニーを毎日することは異常ではないです。

平成世代の女性の3割くらいは、ほぼ毎日のようにオナニーまたはセックスをしています。

眠る前にしたくなる、という人は多いようで、快眠導入のために活用するのもよいでしょう。

999回の閲覧
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now