不倫発覚から離婚までの流れ。

旦那が不倫しているとわかって、離婚を望む妻は多いです。
または、性格の不一致などから離婚を検討しているとき、旦那に不倫の落ち度があるなら、潤沢な慰謝料を請求することができるようになります。
不倫を突き止めてから離婚までは、どのような流れになるのでしょうか?

 


自己主張の弱い旦那なら、協議離婚で済むことも。

旦那さんがあまり堂々としていない気弱な人なら、協議離婚で簡単に解決できることがあります。
不倫の簡素な証拠を突き付けて問い詰めれば、あなたの要求に素直に従うでしょう。離婚にも承諾しますし、慰謝料や養育費の支払いにも応じるでしょう。
しかし、これで済むことはあまりありません。

不倫をするような男性は強気で弁が立つ傾向にあり、ちょっとした証拠を見せつける程度では屈しないでしょう。うやむやにされてしまいます。

 


確定的な証拠を突き付けて、離婚の交渉をする。

相手不倫を動機に慰謝料離婚にこぎつけたいなら、探偵や弁護士に不倫調査を依頼することは必須です。反論できないほどに明確な不倫の現場証拠を掴んでもらい、彼らの弁護とともに旦那に突き付けましょう。

まずは、家庭裁判所に調停を申し込みます。
多くの旦那は、明確な状況証拠と家庭裁判所の調停があれば、降参して離婚や慰謝料をのみます。

それで旦那が抵抗してくる場合、家庭裁判所に訴えを起こして、離婚裁判を行います。
突き付ける浮気の証拠が不十分だと、彼が降参せずに家庭裁判に発展しがちです。そのため、不倫調査のプロに依頼して、鮮明に顔が映った決定的状況証拠を複数、奪取してもらうことが重要になってきます。

不倫を咎めるだけならまだしも、慰謝料裁判に持ち込みたいなら、不倫調査の依頼は必須と言えます。

 


慰謝料はどれくらいとれる?

不倫における慰謝料の相場は、50~400万円ほどです。ずいぶん金額差がありますが、慰謝料額は2つの要因によって大きく変動します。

1.相手の支払い能力。

旦那を訴えるとしても、相手女性を訴えるとしても、その人の支払い能力(収入)によって見込める慰謝料は大きく変動します。
年収300万円程度のサラリーマンなら慰謝料は100万円程度でしょう。
しかし年収1,000万円を稼ぐような富裕者なら、慰謝料も300万円、400万円と膨れ上がります。芸能人やスポーツ選手の離婚の際、「慰謝料1億円」なんてニュースが踊ったりしますね。

2.咎めるだけか、離婚をするか。

不倫をしないよう咎めたいだけの場合、慰謝料額は小さくなります。50万円しかとれないこともあります。
これが、「夫婦生活に支障をきたしたので別居したい」と訴えれば額が跳ね上がり、「離婚以外に選択肢はない!」と激高すればさらに慰謝料額は跳ね上がります。
負った心傷がどれくらい大きいかで、慰謝料額が変わってくるのですね。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now