風俗に行く旦那の割合はどのくらい?

とても気になっているけれど聞くに聞けない・・・
知りたくてもなかなか知れないこの疑問。
セキララにお答えします。

 


9割もの男性が、風俗に行っている!

風俗情報サイトのアンケートでは、「約4割」の男性が、風俗に行ったことがあると回答しています。
しかし、「無回答」だった人が8割もいるようで・・・

匿名掲示板でこうしたアンケートを実施すると、なんと「9割以上」の男性が、風俗に行ったことがあると回答しています。
こちらの調査結果のほうが、核心を突いていそうな感じがします・・・

 


男性はなぜ風俗に行く?

夫婦間の貞操を誓いあったはずなのに、なぜ旦那は風俗に行くのでしょうか?
それは、日本国の法律が、風俗を不倫とは規定しないからです。
既婚者が風俗に行っていても、法律は裁きません。妻に風俗通いを訴えられても、負けることはないのです。男性は皆、風俗が合法だと知っているので、大した罪悪感も持たずに風俗に行きます。
女性たちは、「夫は風俗に行っている」と覚悟したうえで結婚生活を送る必要があるでしょう。

 


風俗に行くのはどんな男性?

9割以上もの男性が風俗経験を告白していますから、草食系な人も含めておよそ誰もが風俗には行っていると言えます。
なかでも風俗に行っている率が高く、回数が多い傾向にあるのはこのような人たちです。

年収の高い男性。

年収の高い男性は、風俗に行くだけの金銭的ゆとりがあるので、風俗頻度が高い傾向にあります。旦那側がサイフのヒモを握っているケースでは特に顕著です。
また、年収の高い男性は貪欲な性格で、快楽主義な傾向にあります。お酒やグルメなど好むならまず間違いなくセックスも好きで、色んな女性とセックスをしようとします。
年収の高い男性との結婚は、扶養してもらう面では魅力的ですが、こうした悲しさがあることは理解しましょう。

事業者の男性。

自分で事業・起業をしている男性は、年収が高くないとしても風俗が盛んな傾向にあります。
それは、風俗遊びを経費として計上することができるからです。実質的に出費にならないため、風俗が盛んになります。
副業として起業している場合も同じことが言えます。

芸能人・有名人の男性。

「不倫は芸の肥やし」などと言いますが、役者や芸人だけでなく芸能人全般が、不倫や風俗をあまり悪いものと思っていません。
芸能人が風俗に行くとワイドショーに激写されるのでは?と思うかもしれませんが、お金に余裕のある芸能人たちはデリバリーヘルスを活用します。また、芸人などはフォーカスされることなどあまり気にせず風俗店に入ります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now