浮気の仕返しはカルマになる?

彼に不倫・浮気されてしまったとき、慰謝料や離婚を求めたりはせず、「私だって浮気してやるんだから!」と考える女性も多いようです。
しかしこれがスピリチュアリストの場合、「浮気の仕返しをしたら、負のカルマになってしまうのでは?」と悩むでしょうか。

 


浮気の仕返しは、負のカルマにはならない。

ガイド霊というのは、セックスについて意外と寛大です。
もともと地球は、ギリシャ神話の絵画に描かれるように、誰もが様々な異性とセックスを交わしていました。一夫一婦の性道徳は権力者が作ったものにすぎず、人間本来のモラルではないのです。

浮気そのものはカルマになります。なぜかと言えば、「恋人になる」と同意した時点で、一途になることを契約したのと同じだからです。それなのに浮気をするなら、それは「契約違反」であり「裏切り」です。負のカルマになります。

しかし、「浮気の仕返し」の場合、彼が行った罪に対する制裁をあなたが行うだけなので、ここに負のカルマはないのです。警察が正当防衛で殴っても裁かれないのと、同じような理屈です。互いの間で吊り合いがとれていれば、それでよいのです。

 


「不倫」の仕返しは、カルマにはならないが大ごとに発展しかねない!

「不倫」の仕返しの場合、話は変わってきます。
あなたが既婚者である場合ですね。
「不倫」も、仕返しの場合であれば、ガイド霊たちは裁きません。しかし、仕返しだろうがなんだろうが不倫をするなら、「法律」はあなたを裁きます。旦那さんに訴えられれば泥沼になりますし、多額の慰謝料を払わなければなるかもしれません。周囲に知られれば信用も失ってしまいます。
そのため、あなたが既婚者であるなら、彼が不倫したとしても「仕返し不倫をしてやる!」などと考えないほうがよいです。

どうしても仕返し不倫をしたいなら、彼にハッキリ交渉するとよいです。
「あなたが不倫したんだから、私も不倫するからね?」と。そんなふうに言われれば、すでに不倫の過失を犯している彼は、ダメとは言えないでしょう。
セックスに対してオープンな夫婦なら、こうした交渉は不可能ではないのではないでしょうか。

 


たくさんのセックスをしたいなら、結婚には慎重になろう。

多くの人が、「複数の異性とセックスしてみたいな」という願望を抱いています。それが人間の実情です。
結婚は、その願望に反して一途を誓い合う契約です。
恋人同士の場合、約束に反して浮気をしたとしても、法は裁きません。結婚する前なら、複数の異性とセックスする権利があるのです。
ですから、あなたが「色んな異性とのセックスを楽しみたいな」と感じているなら、結婚は慎重になったほうがよいです。よほど恋愛遊びに飽きてからのほうが良いです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now